【玄空風水】揭秘玄空風水奧秘:探索自然與人居的和諧之法
0 Comments

玄空九星風水:時間の流れと空間の調和

はじめに
玄空は陰陽を基盤とする相宅法であり、五行の生成、抑制、九星の飛布によって吉凶を判斷します。

九星と五気の認識
玄空九星では、九星の理解が他の九星飛泊と類似しますが、生成、旺盛、衰退、引退、消耗の五気の認識方法が異なります。玄空九星では、山星と向星の飛布狀況が重視されています。

玄空風水 Play

旺地と衰地の判定
玄空では、當令星が所在する方位を旺地とします。後天八卦で旺地と対する方位を衰地と呼びます。旺地は開門吉、衰地は水吉とされています。

主星の選定と旺相衰退の判斷
玄空九星では、時間の経過に伴い、異なる飛星が主星になります。主星の例として、中元四運では四緑星、下元八運では八白星が主星となります。山星が旺盛な方位は、人気運を高め、社會的影響力を強めます。向星が旺盛な方位は、財運と事業運を向上させます。その他の生成、消耗、衰退、引退などの気は、主星との時間的関係によって判斷されます。

玄空風水

旺、生、死、煞、退五気の順序
玄空九星では、旺、生、死、煞、退の五気は、數順に配列されています。たとえば、上元一運では、一白が旺気、二黒と三碧が生気、四緑と五黃が死気、六白、七赤、八白が煞気、九紫が退気となります。

巒頭と理気
巒頭とは自然環境や風水の形態のことで、理気とは風水の理論的な部分のことです。玄空風水では、巒頭と理気は不可分であり、その調和が理想的な風水環境を生み出します。

飛星派と大玄空
玄空六法と呼ばれる玄空風水の流派の中で、無常派と広東派が主流とされています。無常派は理論體系がより完璧です。玄空飛星はより緻密な坐向の判斷を必要とし、大玄空はより概略的な判斷を行います。

住宅適応と巒頭重視
玄空風水は陽宅に適しています。玄空飛星は坐向に敏感ですが、大玄空は陽宅の風水の巒頭がより重要です。陰宅では、巒頭が理気よりも重要視され、玄空風水は「三元納水法」と組み合わせて使用されます。

畸形地と玄空風水
近年では畸形地の住宅が増加していますが、玄空風水では、風水原則を維持しながら建設する方法が解説されています。

玄空風水:以時空相剋之理規劃吉居

玄空風水,是一種古代中國的堪輿術,重視時空相剋理論,認為環境氣場會根據時間和空間而變動,進而影響屋宅內居住者的運勢。

玄空風水操作原理

玄空風水主要透過以下方法來判斷吉凶:

  • 羅盤測量:使用羅盤測定屋宅方位和中心點。
  • 飛星排盤:根據特定年份和月份,排定屋宅內各個方位對應的九宮飛星。
  • 三元九運:以三元(上中下)和九運(一至九)的循環變化,判斷吉凶方位。
  • 五鬼運財法:運用五鬼運載路徑,找出有利於財運的方位。

飛星九宮

飛星九宮是玄空風水中重要的觀念,將屋宅平面九等分,每個宮位對應不同的吉凶特性:

宮位 數理 名稱 五行 特性
生氣 1 紫氣東來 財旺、生旺
延年 2 富祿壽喜 福宅、安穩
天醫 3 萬壽無疆 健康、長壽
伏位 4 潛龍勿用 守本、安守
中宮 5 五黃廉貞 禍不單行
六煞 6 禍不單行 驛馬、損耗
絕命 7 生離死別 兇殺、厄運
五鬼 8 病符臨門 疾病、暗疾
禍害 9 太歲當頭 破財、官非

三元九運

三元九運每約20年為一個循環,影響飛星九宮的吉凶屬性:

三元 九運 年份
上元 一運 -80年起
中元 二運至六運 -60年至0年
下元 七運至九運 1年至今

玄空風水應用

玄空風水可廣泛運用於各種建築物,包括住宅、辦公室、商店等,以達到以下目的:

  • 改善運勢:規劃出有利於居住者財運、健康、事業運的方位。
  • 避兇化煞:找出屋宅內的凶煞方位,採取化解措施。
  • 調整氣場:利用風水佈局,調節室內外氣場,營造舒適宜居的環境。

使用注意事項

延伸閲讀…

淺談玄空風水知識,一起來學習吧!

玄空風水:初級篇

使用玄空風水時應注意以下事項:

  • 需由專業風水師操作:玄空風水涉及複雜的數理和理論,非專業人士難以準確判斷吉凶。
  • 綜合考慮:風水僅是影響居住者運勢的因素之一,需綜合其他因素考量。
  • 佈局調整:玄空風水佈局需根據實際情況調整,避免盲目照搬。

Author

alan1226a@gmail.com
最愛日本旅行。網站由2014年起不斷分享日本旅行心得~ 台灣《日本遊樂》專欄作家, 暢銷書《日本由我行》作者.

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *